「このままじゃ…イク…」看守の執拗な身体検査2巻のネタバレ感想

 

コミックシーモアで無料立ち読み

 

 

 

「このままじゃ…イク…」看守の執拗な身体検査

 

第2話ストーリーネタバレ

 

「早くしろ。オレの命令は絶対だと言ったはずだ。」

 

看守の命令は絶対服従のこの刑務所で、

 

全裸になれと言われれば、その通りにするしかありません。

 

亜貴の冷たい眼差しに晒されながら、服を脱ぎ、ブラを外し、パンティを下ろす陽菜。

 

亜貴は刺さるような視線で陽菜のカラダを見ています。

 

陽菜は恥ずかしくて身体を隠してしまいますが、亜貴は命令します。

 

「こちら側に足を向け、仰向けになれ。」

 

M字開脚で仰向けにされる陽菜。

 

そして亜貴は自分の手袋を外しました。

 

そして陽菜ノカラダ全体を静かに指を滑らせていきます。

 

その指使いは羽毛で全身をなぞられているようでした。

 

「この人わざとやっているの???」

 

そしてとうとう陽菜の足を開かせます。

 

アソコをじっくりと見つめられ、陽菜は涙目になってしまいます。

 

そして秘部が濡れていることに気づかれてしまいました。

 

「3077、なんだ?これは?ただの身体検査だというのに、何を滴らせている」

 

「いや、、、あ、、、止めて下さい、、、」

 

思わず顔を背ける陽菜。

 

けれど無理矢理に足は開かされてしまいます。

 

そして膣中まで刺激され、陽菜は声を上げてしまいました!

 

亜貴は感じている陽菜のことを咎めます。

 

そんな仕打ちに、陽菜は内心で八雲に助けを求めました。

 

しかし亜貴の執拗な刺激は止まりません。

 

言葉で強く攻め立てながら、指は更に奥へと進んでいきます。

 

そしてとうとう、陽菜は達してしまい気絶してしまいました…。

 

 

 

 

 

コミックシーモアで無料立ち読み

 

関連ページ

「このままじゃ…イク…」看守の執拗な身体検査1巻のネタバレ感想
「このままじゃ…イク…」看守の執拗な身体検査というタイトルからして相当濃厚な内容が期待できます。安達拓実先生の力作をじっくりと堪能できます。無料試し読みも紹介します。